Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

赤のとち姫 ポリフェノール洗顔石けん使ってみました。

年齢肌
スポンサーリンク

年齢肌や乾燥肌で悩んでいる方には保湿成分がある洗顔料を使っていらっしゃると思います。

洗顔の時に、お肌に必要な皮脂を落としすぎないように洗顔料の選び方や洗顔のお湯の温度、お顔に摩擦を与えない洗い方などに注意をしながら洗顔する必要があります。

美肌になる洗顔の仕方
朝起きたら顔を洗う。これって当たり前のことで生活習慣になっていますよね?あなたの洗顔の仕方も習慣になっていませんか?もしかしたら、きちんとスキンケアしてるのに肌の調子があまりよくない何て言うことありませんか。

 

ポリフェノールが配合された洗顔石けんをご存知ですか?

赤のとち姫キャンペーンは終了しました。

それは栃の実ポリフェノールが配合された「赤のとち姫」です。

 

 

パット見た感じは、洗顔石けんではなく、和菓子にみえませんか?

そりゃそうでしょう。この洗顔石けんは「お菓子屋さん」が作っているのです。

なぜお菓子屋さんが作っているかと言うと、栃餅(とちもち)という郷土食を寿製菓が作っていました。

これは、渋抜きしたトチの実をもち米と共に搗いたもので、栃餅(とちもち)と呼ばれています。郷土食として受け継がれ、土産物にもなっているのです。

この栃餅(とちもち)を製造している寿製菓が大学・公的機関と共同開発を進め、栃餅(とちもち)に利用している「栃の実」から、

「プロアントシアニジン」というポリフェノールの1種を発見しました。

この栃の実が取れるトチノキは昔から薬用植物と言われてきました。

とちの実の乾燥粉末を服用することで、胃痛に効くといわれています。

樹皮を煎じ薬として服用すると痔や子宮出血に効果があります。

 

こんな昔から医療にも使われてきたということはきっと綺麗になるはず・・・。

と思って買ってみました。

だって、美容成分が凄いんです。

 

赤のとち姫の美容成分

美容成分各種

  • 栃の実ポリフェノール
  • プラセンタ
  • コラーゲン
  • アスタキサンチン 
  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • エキストラヴァージンココナッツオイル

これだけ配合されています。

早速届いたので、開けてみると、

 

  • マイクロバブルウォーマー
  • 赤のとち姫洗顔せっけん 2個
  • ポイントカタログ
  • パンフレット

などが入っていました。

 

泡が簡単にに出来るマイクロバブルウォーマー

左の上の方にあるのがマイクロバブルウォーマー

これは、泡を立ててくれる道具です。

私は泡立てるのがどうしても下手なので、このマイクロバブルフォーマが付いているので2個セットを注文しました。

泡の出来上がりは

 

いかがですか?泡を作るのが苦手な人にはすごく嬉しいプレゼントです。

 

早速できた泡を使って洗顔してみました。

 

出来上がった泡は、真っ白くふわふわでまるでホイップクリームのようです。でも、私の泡の立て方が下手だったのか、いまにもなくなってしまいそうな泡です。

とても柔らかい泡です。しっかりした泡が好きな方はものたりないかもしれません。

その時は水の量を少なくしてみましょう。それでも気に入らないときは泡立てネットで泡をたててみましょう。

顔を洗ってみました。

マイクロバブルウォーマーで作った泡を手に取り顔にのせると、炭酸が弾けるようにシュワシュワっとはじけてしまいました。

今までは結構粘りのある石鹸を使ってきたので、シュワシュワっとなくなったのにびっくりしてしまいました。

まるで炭酸パックをしたような感じでした。

本当にこれで汚れが落ちるのかと思っていたんですが、 2 ~3日続けていくと洗顔のたびに顔が白くなった気がするのです。

自分の勘違いかもしれないと思っていたら、お隣りの人から「最近色が白くなってない?」と声かけられました。

年齢肌で顔のくすみを気にしている人には良い石鹸だと思います。

そして、この赤のとち姫は、首筋やデコルテにも効果があると言われています。

首筋のシワなどが気になる人は試してみてくださいね。

今まで使ってきた洗顔石鹸が、粘り気があるものだったり弾力があるものを使っている人は

この赤のとち姫は、物足りないかもしれません。

 

赤のとち姫キャンペーンは終了しました。

 

 

まとめ

長年同じ洗顔せっけんを使っている方はたまには目新しいものを使ってみたくなりませんか?

また、同じものを使っていると、どうしてもお肌が使っている洗顔せっけんの成分に慣れてしまうことがあります。

美容ブロガーの人たちが、同じスキンケアを3か月以上使い続けないというのは、お肌を特定の成分に慣れさせないためです。

お肌を甘やかさないという表現ならお分かりいただけますでしょうか?

例えば頭痛薬や便秘薬は、始めは効果が表れますが、次第に体が慣れてしまって、より以上飲まないと効果が出ないようになります。

それと同じことがお肌にも言えるのです。しわやシミに効果的な美容成分が配合されていてもお肌は練れてしまっているので、効果が感じれらないようになっています。もちろん洗顔石鹸も同じです。

お肌をならさないためにも、たまには洗顔せっけんを変えてみるのもいいかもしれません。

 

私がおすすめの洗顔せっけん

角質を優しく育てるサッポーの洗顔
いつも使っている化粧水がしみることがありますが、一体どうしてでしょうか?それは、お肌を守る角質が薄くなっているからです。角質が薄くなっている人の肌は乾燥が進み、肌の中はカサカサになっていることがあります。肌の構造から、角質を育てる洗顔方法・