Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

敏感肌用化粧品でおすすめの口紅を教えて下さい。

口紅
スポンサーリンク

スキンケアやリップ選びにとっても神経を使うのが敏感肌です。

敏感肌でも大丈夫などと書いてあるものを使っても、カサカサしたり痒くなってきたりすることもあるのです。

刺激の原因になるものはさけても、人によって合うあわないがあるので口紅ひとつ選ぶにしても本当に苦労しています。

今日は、敏感肌の人も安心して使用できる口紅の選び方と唇のお手入れ方法をお話しします。

 

唇ってどんな構造になっているの?

私たちの唇って、乾燥するとカサカサになって切れてしまったり、紫外線を浴びて痛くなったり、ぶつぶつができたりといろいろなトラブルが起こります。

これらの原因は唇の構造にあったのです。

 

私たちの肌には細胞間脂質と皮脂膜がブロックのように重なり合ってできています。

上の図、右の角質層の中は下の図のように脂肪間脂質が角質細胞を包んでいるのが何層にも重なり合っているのです。

 

細胞間脂質は、肌内部の潤いをキープし、「皮脂膜」は肌の外側を覆い、肌水分が過剰に蒸発するのを防ぎます。

でも、唇には少量の細胞間脂質しかなく、皮脂膜もありません。だから、唇はとっても乾燥しがちになるのです。

さらに唇はバリア機能が薄く、紫外線や花粉などの外部刺激を受けやすい状態になっています

 

このように唇はとっても薄く刺激を受けやすいというのがわかっていただけたと思います。

敏感肌の方は、口紅を選ぶときに注意してほしいのが「口紅の成分」です。

口紅の成分 これはダメ。

敏感肌の方はスキンケア選びにも注意なさっていることともいますが、口紅選びも注意が必要です。

注意するべき成分は、タール系色素・石油系界面活性剤・合成ポリマー・紫外線吸収剤です。

これらの成分名はどこかで聞いたことはありませんか?

そうです。スキンケアと同じように避けたい成分なのです。

 

年齢肌です。肌に良くない化粧品ってどんな化粧品ですか?
化粧品のことを勉強すると、今まで自分が使ってきた化粧品は肌によくない化粧品だったということがわかりました。 肌によくない化粧品を使っていたら、年齢肌の悩みが解決するどころかよりひどい状態になるのは当然のことです。 どのような化粧品が肌によくない化粧品なのかをお話しします。

 

どんな口紅を選べばいいの?

スキンケアと同じような選び方をしてみましょう。

  • 保湿成分が配合されている。
  • UV対策ができる。ただし紫外線吸収剤が使用されていないものをチョイスする。
  • 洗顔せっけんで落とせるもの。

保湿成分が配合されている

唇は構造的にとっても乾燥しやすく、刺激を受けやすく水分が蒸発しやすい構造をしています。唇の潤いが保たれないと、唇が切れてしまうなどのトラブルが起こります。

保湿成分である、ミツロウ・ホホバオイル・スクワラン・コラーゲンなどが配合されている口紅を選ぶことが唇を乾燥させない大きなポイントです。

これらが配合されて口紅を選んでも乾燥が気になる方は、口紅を塗る前にリップクリームやワセリンなどを塗ってみましょう。

保湿成分はできるだけ天然由来のものを選ぶようにしましょう。

 

 

UV対策の口紅(紫外線吸収剤が使用されていないもの)

顔にはしっかり日焼け止めを使っていても、唇までUV対策している人はいったいどれだけいらっしゃるでしょうか?

唇ももちろん日焼けしますので、紫外線対策ができる口紅を選びましょう。

ファンデーションと同様に肌を刺激する紫外線吸収剤が使用されていないものを選ぶようにしましょう。

唇が日焼けすると、色素沈着が起こり唇の色が黒っぽく、顔色もくすんで見えてしまいます。口紅のパッケージにSPFの表示のあるものはUV効果が期待できます。

このUV効果が期待できる口紅でも、刺激を感じるという方は天然素材の紫外線カット効果のあるものを選ぶようにしましょう。

 

 

洗顔せっけんで落とせるもの。

私たちの肌に一番よくないのは、クレンジングです。ゴシゴシこするように落とすことで肌への摩擦を起こすからです。口紅も同じようにクレンジングを使って落とすのは唇にとっても負担を与えてしまいます。

特にウォータープルーフタイプの落ちない口紅などは、石けんでは落ちにくい成分が配合されています。石油系界面活性剤や合成色素・合成香料や紫外線吸収剤なども落ちにくく、唇のしわの間に落とせない口紅が残ってしまうことがあります。

簡単に石鹸で落とせる口紅を選ぶことは、肌や唇のためにはとっても重要なことです。

 

洗顔せっけんで落とせる口紅なら、クレンジングはいらなくなります。

石鹸でクレンジングする方法 メイクを石けんで落とすには?
「クレンジングがお肌のバリヤ機能を壊している。」 「オイルクレンジングはお肌に悪い。」 と耳にします。 私たちは、肌に負担をかけるクレンジングを使ってお肌をぼろぼろにしているのです。 クレンジングを使わなくてもいいように石けんだけで落ちる

敏感肌でも安心して使える口紅

資生堂 dプログラム 敏感肌用口紅

 

1.8g 2,000円(税別)
パラベン(防腐剤)フリー、アルコール(エチルアルコール)フリー、鉱物油フリーたっぷりのつやと明るい発色で、うるおってふっくら、弾むような唇をつくるリップスティックです。乾燥してあれがちな唇にも、みずみずしくなじみます。高保水カプセル配合。

  • 無香料
  • 低刺激設計。敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み

d プログラム/リップトリートメントカラー(OR307)

 

エトヴォス ミネラルシアールージュ

2g 3,000円(税別)

植物由来のオイル・ワックス・美容成分と、天然のミネラルと色素だけでつくられています。

「唇が敏感で今までリップクリームしか使えなかった」という方でもお使いいただけるよう配合成分を厳選。

合成色素(タール系色素)・シリコン・鉱物油・界面活性剤・合成香料・防腐剤は不使用なので、クレンジング剤は不要。

洗顔料で落とすことができるので皮膚が敏感な方にもおすすめです。

エトヴォス / ETVOS ミネラルシアールージュ

 

24H コスメ

2g  2,300円(税別)

化学合成成分・タール系色素を使用せず、天然ミネラルで実現した色素沈着の気にならないきれいな発色のリップ

デリケートな唇や頬を考えてつくった天然由来成分生まれのカラースティック。
美しい発色とシアーな質感、天然植物由来オイルがうるおいをプラス。
頬につけてぼかせば、血色感のあるツヤありチークとしてもお使いいただけます。

プチプラの口紅

ハイム ナチュラルリップルージュ

2.4g 1,620円(税込み)

アミノ酸、セラミドなどの保湿成分配合、ツヤツヤのくちびるに。荒れがちなくちびるも、ぷるっと美しく彩ります。
デリケートな唇のために、安全性と保湿効果の高いオリーブ油、ホホバ種子油、マカデミアナッツ油を配合し、天然顔料のみで色出しをした、花のように自然なカラーが楽しめる口紅です。

ハイム ナチュラルリップルージュ

 

ヤダー オート リップ クレヨン

 2.5g 1,296円(税込み)

  • クリーミーな質感で柔らかに塗れ、鮮明なカラー感を与えるオートタイプのリップクレヨン。
  • メイクをしながら保湿とケアを併せて行うことができます。
  • マカダミアナッツオイルとアボカドオイルが、痛んだ唇をスベスベにし、うるおいを与えます。
  • パラベン無添加

[YADAH] ヤダー オート リップ クレヨン

 

 

唇のお手入れ方法

リップパックをしてみましょう。

1枚 225円

くちびるに7つの成分(ローヤルゼリーエキス・ミツバチ毒・ヒアルロン酸N・加水分解コラーゲン・セラミド3・ハチミツエキス・ホホバ種子油)をしっかり閉じ込め一晩で、ふっくらぷるぷるを作るくちびる専用パックです。

 

本当にうるうる、ぷりぷりになります。

ピュアスマイル リップパック(ハイドロゲル)チューシー CHOOSY

 

20枚入りボックスも販売されているので、そちらのほうがお得です。

 

自宅でリップパック

自宅でリップクリームやワセリンを使って簡単にリップパックができます。

お風呂上りに行うのがベストです。

用意するもの

  1. タオルハンカチor厚手のコットン
  2. リップクリームorワセリン
  3. 食品包装用のラップ

リップパックの手順

  1. 蒸しタオル(温コットン)で温める
  2. リップクリーム(ワセリン)を塗る
  3.  ラップで保湿成分を密閉
  4. 3分経ったら、ラップを剥がして完了。

唇の状態を見ながらパックの頻度を決めましょう。あまりお手入れしすぎると、かえってダメージにもなりかねません。

まとめ

敏感肌の方でも安心して使えるリップとリップパックの方法を紹介しました。

ふっくらとしてつややかな唇はとっても魅力的です。

リップパックはすぐにうるうるプルプルになりますから、だまされたと思って試してみてくださいね。