Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

敏感肌の日焼けどめでgive giveはどうですか?

年齢肌
スポンサーリンク

私たちにとって紫外線は肌の老化や髪の乾燥・目の日焼けなどいろいろなダメージをもたらします。

若いうちから紫外線対策は徹底的にしておかないと年齢を重ねてから後悔しても時間は取り戻すことができません。

もう遅すぎるとあきらめるのではなく、今からしっかりとした紫外線対策を行っていきましょう。もちろん敏感肌でもきちんとした紫外線対策は必要です。

 

紫外線対策を怠ると今の肌がより乾燥してしまいます。これからの肌トラブルを少なくするためにも、紫外線対策を徹底しましょう。

日焼け止めが肌に合わない場合は、飲む日焼け止めもあります。

試してみる価値はあります。

 

 

 

敏感肌の人にとって、紫外線対策は非常に大切なことです。

ただ日に焼けるだけで、火傷したようにまっかっかになる人やかぶれてしまう人が多いのが敏感肌の人です。

しかし日焼け止めは塗っておかないと、紫外線が神秘の中まで入ってしまいメラニンを生成し、シミになってしまいます。
そのために、敏感肌の人は肌に負担の少ない日焼け止めを見つける必要があります。

年齢を重ねるにつれて、日焼け止め等なかなか自分の肌に合うものが見つけにくくなる状態の中で、年齢肌+敏感肌というと非常にご苦労なさっると思います。

 

紫外線吸収剤

紫外線対策が日焼け止めは、紫外線吸収剤を使用されてるものも多いのですが、紫外線を吸収すると熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出し、皮膚の浸透を防いでいます。

しかしこの化学反応はお肌に負担を与えますので、SPFの最大値も50と決められています。

紫外線吸収剤を使うと、簡単に高いSPF値を出すことができるのです。

それに紫外線吸収剤は、化粧品に配合するときに油を使うので酸化しやすく、あかみやかぶれを引き起こすこともあります。

ですから敏感肌の方が、日焼け止めを見つけるときは紫外線吸収剤が入ってないほうがより肌に負担がかかるのが軽くなるのではないでしょうか。

 

「スポンサードリンク」

 

紫外線錯乱剤

 

紫外線を物理的な仕組みで反射錯乱させて紫外線がお肌に入り込むのを防ぐのです。

紫外線錯乱剤を使った日焼け止めは、メイクの仕上がりが重く見えたり、白っぽくなったりします。しかし紫外線吸収剤よりも肌への負担が少ないために、 お肌の弱い方には紫外線錯乱剤を使ってる日焼け止めの方がまだお勧めです。

これは化粧品の表示には、「吸収剤無配合」「ノンケミカル」と表示されています。
敏感肌の人にとっては、ちょっとしたことで赤みがかぶれなど引き起こすことがありますので、敏感肌用の日焼け止めを探す方が早いと思います。

 

スポンサーリンク

Give&Giveの日焼け止め用美容液

その中でもGive&Giveの日焼け止め用美容液は、紫外線アレルギーでもアトピーでも使えるということですので、敏感肌の人には強い味方になると思います

紫外線は99%カットで下地にもなるということです。

Give&Giveは、非常に製品に対してこだわりを持っているところで、水以外は異物と言う発想から生まれてます。
この水にこだわったスキンケアだからこそ、肌にやさしい化粧品を作り出すことができているのだと思います。
このお水のこだわりから、成分を多く配合しないと言うことにつながっています。
たくさんの種類を配合すればするほど、濃度が濃くなり、配合した種類の数だけアレルギーを引き起こすという考えの下、美容成分を25種類以下に制限し、刺激を実現しています。
ですから敏感肌の人も安心して使える製品です。