Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

敏感肌って?

年齢肌
スポンサーリンク

敏感肌って?

よく耳にしますがおおよその感じはわかりますよね?かぶれやすいとか、赤くなるとか。

なんとなくは分かりますが、きちんとした知識ってありませんよね?

肌の種類

肌には、

  1. 普通肌
  2. 油肌
  3. 乾燥肌
  4. 混合肌
  5. 敏感肌
  6. 揺らぎ肌

があります。

6番の揺らぎ肌というのは最近できた言葉ですが、もともとは5番の敏感肌までで、5種類あると考えていいと思います。

この中で一番厄介なのは、敏感肌ですが、もともと乾燥肌がよりひどくなった状態のことです。ですから、私がまだ若いころは敏感肌というくくり自体がありませんでした。だから、敏感肌用の化粧品が少ないのはこのためです。

【スポンサーリンク】
 

敏感肌って?

洗剤が合わなかったり、強い化粧品を使った時に肌が赤くなったり、ピリピリしたりするなど通の人よりも反応しやすい状態になってる人のことも敏感肌と呼んでいるみたいです。

最近では肌への刺激と言うよりも、ストレスや食事・住宅環境の変化によって肌が敏感になってくる人が増えているようです。

大変な事は敏感肌と言う数値とかがないと言うことです。同じような刺激でも、人によっては赤くかぶれたりするのですがまた別の人にとってはどう言うような変化もないということもあるのです。

しかし現在は、敏感肌の人が非常に増えてきています。

洗剤などもそうですが、スキンケア用品やメイク用品も敏感肌のようなものが開発されています。

季節によって敏感肌の人が本当に困る季節があります。花粉やアレルギーが原因の敏感肌と言う場合になると、スギ花粉が猛威を振るう3月4月5月と言うのは本当に大変な時期だと思います。

花粉症について言いますと、去年はどうもなかった人が突然花粉症になるって言うケースが多いみたいです。

それと同じように敏感肌も、今まではどうもなかったのに突然刺激に感じるというようなこともあると思います。

肌のバリア機能を強くするには?

肌のバリア状態が失われて、外からの刺激が入りやすくなっています。そのために化粧水がしみたり、髪が当たっただけでかゆみが出たりとか言う状態になってきます。

これは化粧水に含まれているわずかなアルコールが肌に染みるという状態です。例えば敏感肌の人はきちんと正しいスキンケアの商品を選ぶ理由ことが大きなポイントになります。

自分の状態をきちんと知って、それに合う商品を選んでいくということが1番大事な対応策と思います。

このようなときに、疑似膜として使われるのがワセリンです。10日ほどで効果が表れてきますので、肌の状態をよくするために

【スポンサーリンク】
 

 敏感肌をよくするためには?

それでは敏感肌でないようにするにはどのようにしていけばいいでしょうか?

アレルギー体質ではないですか?

敏感肌だと思っている人がある実は原因がアレルギーだったということもあります。

食べ物による栄養摂取が偏っていませんか?

栄養が偏ると皮膚の表面表面を覆うバリア機能がきちんと作られず、異物が入ってくる場合があります。

ターンオーバーは正常ですか?

ターンオーバーを促すのに必要な栄養素ビタミンAもたくさんとるようにしましょう。それと一緒にアミノ酸も一緒にとるようにしましょう。

 

敏感肌だからと言って外からばかりのケアではなく、内側からのケアも大事です。

例えばニキビができやすい人は便秘ではないかという話がよくでますが、それと同じで敏感肌の方も原因は体の内側にあるのかもしれません。

腸内環境を整えると肌も自然と整ってきますので、きちんとした生活習慣を身につけましょう。

 

敏感肌の人は金属アレルギーという方もいらっしゃいます。アクセサリーを付けようと思ってもアクセサリーにも反応してしまうというような方です。内と外から体の状態をいい状態に持って行きおしゃれを楽しみたいですね。